未分類

【まだ間に合う】台風が来る前に備えておくべきことって??準備しとくものは何がある??

 

こんにちは!!フクです。

みなさん台風は大丈夫でしたか?

台風19号かなり大きな被害が出ています。

今後も大きな台風や災害が起きる事を想定して、

今回は、台風の時に備えておくべきこと・物について記事にしていこうと思います。

食料・飲料水の準備はしっかりと!!

f:id:yukitikiti:20191016221747j:plain

まず一番大切なのは食料と飲み水の準備だと思います!

食料・飲み水は最低でも3日分は用意しておくべきです。

・飲料水→目安としては1人1日3リットルほどが目安になっています。

・食料→ご飯やビスケット、乾パンなどですね。

大規模災害などになると最低でも1週間分の食料と水が必要になってきます。

災害が起きる前に事前に準備しよう『非常用持ち出しバック』

f:id:yukitikiti:20191016221737j:plain

災害はいつ起きるかわかりませんよね?

起きてから準備するとしたら手遅れになってしまうかもしれません。

事前に準備しておいて損はありません。

最低でも用意しておくべきものをざっとまとめてみました!!

・飲料水、食料(カップ麺や乾パン)

生活用水(トイレを流したりする水)

・貴重品(通帳、印鑑、現金)

・救急用品(包帯や絆創膏など)

・ヘルメットやマスク、軍手(怪我などに備えて)

・懐中電灯、ケータイの充電器、ラジオ

・日用品(トイレットペーパー、マッチ、カセットコンロやカイロ、携帯用トイレなど)

家の補強もしっかりとして台風に備えよう

f:id:yukitikiti:20191016221316j:plain

台風の怖いところはやはり強い風と大雨とかじゃないですか?

食料の準備はできたぞ!!と言っても大切な家も守らなければいけませんよね。

そこで台風がくるとわかったらしておいたほうがいいことを紹介します。

家の外の対策

・窓や雨戸などはしっかりと鍵をかけて、補強が必要なところは補強する。

・風で飛ばされてしまいそうなものはあらかじめ家に入れてしまうか、固定する。

・雨などが流れやすい場所は、ちゃんと水がはけるように掃除しておく。

室内での対策

・室内では窓ガラスに飛散防止フィルムを貼っておく。

・断水に備えて水を確保しておく。(お風呂とかに水を張っておく)

避難場所の確認などもしておこう!!

f:id:yukitikiti:20191016221726j:plain

いざ台風などで避難しなければいけなくなった時に、避難場所は家族と

確認しておきましょう!!

家族一緒に避難できるのが一番いいんですけど、仕事などで一緒には

避難できないことだってありますよね。

そう言ったことも想定して、家の近くだったら避難場所はココ。

仕事先ではココ。と出来るだけ詳しく決めておきましょう。

他にも安否確認のためにLINEや電話を使って連絡しましょう。

台風の時に絶対してはいけないこと

f:id:yukitikiti:20191016221721j:plain

今回台風19号はかなり大きな台風で被害もかなり大きかったです。

そこで少しでも被害を受ける方が少なくなるようにと台風時に絶対にしては

いけないことをいくつか紹介します。

「そんなの当たり前!!」だと思われる方も今一度確認してみてください。

・川や海などには近づかない

当たり前のことなのですが残念なことにこれが理由で被害にあってしまう方がおられます。

今回の台風で67人の方が被害にあっております。(2019年10月15日時点)

47の河川が決壊しているので近づくのはやめておきましょう。

・避難指示が出ているのに避難しない

これも結構多いです!!

自分のところは大丈夫って思っちゃうんですよね。

でも避難指示が出てるのでしたら迷わず避難してくださいね!

今回の台風では住宅浸水被害は1万2000棟以上が浸水し

そのうちの900棟余りは全半壊や一部損壊と被害が出ています!!

なのですぐに避難しましょう!

・土砂崩れがおきそうな場所には近づかない、通らない

風や大雨も注意しないといけませんが、土砂崩れなどにも注意が必要です。

大雨により地盤が緩み土砂崩れが起きる可能性がありますのでそういったところには

近づかないようにしましょう。

準備はしっかりとしておきましょう

f:id:yukitikiti:20191016222206j:plain

はい。今回は台風の時に備えておくべきことについて記事にしてみました。

事前に準備しておくことが大切だと思います!!

少しでも皆様のお役に立てたらと思い記事を書かせていただきました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

また次の記事でお会いしましょう。フクさんでした!